内部障害・重度障害・がん・難病・終末期に特化した熊本の訪問看護ステーション

医療的ケア児の自宅退院で重要視される7つの要因とは?

医療的ケア児の自宅退院で重要視される7つの要因とは?

医療的ケア児が退院する際に重要視される要因を分析し、7つの要因に整理した半構造化インタビューです。

【概要】
医療的ケア児の退院に際して家族と医療従事者が重要視しているのは、
①家族のエンゲージメント
②家族の退院準備の尊重
③退院前の在宅ケアの調整
④タイムリーで効率的な退院プロセス
⑤痛みと症状のコントロール
⑥発達と回復を支援する自己効力感
⑦ノーマライゼーションと日常生活
の7つの領域によって整理されました。

【感想】
それぞれの領域の詳細はPDF本文で詳細に説明されています。
(リンク先から全文PDFでダウンロード可能)
各要因の代表的なコメントも記載されており、医療的ケア児の在宅療養をサポートする両親と医療従事者・訪問看護師の重要な視点を整理できます。
小児の在宅移行を支援するための概念図も掲載されています。
医療的ケア児を支援する両親は、多くが初めての経験であり、退院後の日常生活(ルーチン)が大きく変化します。
在宅生活を支援する訪問看護師などの医療従事者および介護者は、在宅療養や再入院に対する不安や疲弊を見逃さないようにする必要があります。

【原著】
Families' Priorities Regarding Hospital-to-HomeハTransitions for Children With Medical Complexity.
論文の詳細はこちら→ https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27940509

コメント


認証コード8719

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional